CLARK LITTLE 作品紹介

こんにちは☆

最近とても人気となっているのが写真家CLARK LITTLEの作品!

クラーク・リトルは1968年カリフォルニア州ナパで生まれ、その2年後に父親の仕事でハワイ州ノースショアに移住しました。 1980~90年代にかけて地元ワイメアベイで、危険なショアブレイクサーフィンのパイオニアとしてその名と才能を轟かせました。 cl_with_camera_2013_880

転機が訪れたのは2007年、クラークの妻がベッドルームに海の写真が飾りたいとクラークに頼んだことが始まりでした。 彼はそのサーフィンの技術と経験、何より海への情熱でカメラを手にすることを決め、美しく、そして力強いハワイのショアブレイクを撮り始めたのです。

 

water_baby

彼の写真はHewlett-Packard (HP)やNikonの広告やナショナル・ジオグラフィック、ニューヨークタイムズ新聞にも掲載され、 ワシントンDCのスミソニアン博物館にも作品が展示されるなど、サーフ界の外へも拡大しています。奥様のお願いをきっかけに写真を撮り始めたというところがなんとも素敵です☆

今や引っ張りだこのクラークですが、毎年Greenroom FestivalのART AREAに出展のため来日してくれます。 今年5月に開催されたGreenroom Festival ’14のためにも来日してくれました! 70

 

 

波の内側の様子だったり、ハワイの美しい風景やホヌ(ウミガメ)などの海中の生き物、普段なかなか見ることのできない光景をクラークは写真の中におさめています。 色など手が加えられているように思われがちですが、ほぼ無修正とのことです!

たとえばこちらのRed Dirtという作品: red_dirt

見たことのない鮮やかなオレンジ色の波!大雨によって山の赤土が海へと流れ込んだのです。その珍しい光景をクラークが撮影しました。「この色は嘘でしょ?」なんて聞かれたこともありますが、本物なのです!

このように、クラークの作品の一枚一枚にストーリーがあります。 ショアブレークでの写真撮影は大変危険ですが、長年の経験をもとにクラークは撮影を続けています。そんな彼が「命がけで撮影してきた」と言っても過言ではない作品の数々を是非ご覧になってみてください。 色鮮やかな彼の写真は、壁に飾ればお部屋がぱーっと明るくなります☆ http://shop.greenroomgallery.com/shopbrand/040/O/     ←クリック!

Posted on